記事投稿サイト68新聞TOP > 記事詳細
 

勃起時ではなく、通常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚(包皮)に覆われている状態のことを「包茎」と言います

2017/07/26 11:58
勃起時ではなく、通常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚(包皮)に覆われている状態のことを「包茎」と言います。
ペニスは、先端の亀頭部とシャフトの陰茎部とに分けられます。陰茎部の表面は皮膚に包まれ、その皮膚の下は内側の組織と柔軟な結合しているために滑らかな動きをします。 陰茎部の皮膚が亀頭も包む状態が包茎であり、亀頭をおおっている皮膚を包皮と呼びます。
幼児は、亀頭が包皮に覆われ、包皮と亀頭が癒着しており包皮をむくことができませんが、学童期になると、次第に包皮と亀頭の癒着がとれ、思春期(第2次性徴期)には亀頭が自然に露出した状態になります。この時期に陰茎と亀頭の成長があまりない場合、あるいは、包皮の量が多い場合には、亀頭が完全に露出せず包茎となります。
ペニスの発育は第2次性徴期で終わります。成人後も包茎の状態の方は、その後の成長が見込めないため、包茎手術をしなければ自然に治ることはありません。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
威哥王 http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html

包皮のむけ具合により、包茎は以下の3種類に分けられます。
仮性包茎(かせいほうけい)

仮性包茎は、平常時は亀頭が全部あるいは一部が包皮に覆われている状態で、勃起時には、痛みも締めつけもなく亀頭をスムーズに全部露出させることができるタイプの包茎です。
嵌頓包茎(かんとんほうけい)

嵌頓(かんとん)包茎は、包皮輪が狭いために、亀頭を無理に露出しようとすると、亀頭の下に締めつけにより包皮を戻せなくなった状態です。このときは包皮が腫れ、強い痛みを伴います。至急、泌尿器科専門医への受診が必要です。その場で戻せない場合は、緊急手術となりますが、運よく戻せても、ほとんどの方が次の真性包茎ですので、後日、包茎の手術が必要となります。
真性包茎(しんせいほうけい)

真性包茎は、包皮輪が非常に狭いために、平常時も勃起時も、包皮をむくことが全くできず、亀頭を露出させることできないタイプの包茎です。この場合も包茎手術の適応となります。
記者・foauewrooi

 

Page Top